湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『湯の扱いⅡ』 | 株式会社テクノ・ファースト

湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『湯の扱いⅡ』

日々の疲れを癒してくれるであろう温泉に

どっぷり癒されている技術部 小池です!!

今回は「湯の扱いⅡ」についてお話します。

※初めましての方は「温泉とは」から見て頂けると幸いです☆

start-aka

『加水』

E6B8A9E6B389E381ABE6B0B4

源泉の温度が高すぎたり

成分が濃すぎたりした場合に

井戸水や河川水、水道水を加えること。

かといって

効能が必ずしも弱まるわけではない。

群馬屈指のアルカリ泉

藤岡温泉リゾートを始め

加水している名湯は多い。

『加温』

56d13d367605755a6b9da0e20c6e9f89

https://yahoo.jp/005Tgtより引用)

 源泉温度が低い場合に直接的

間接的に湯を温める。

入浴に適した温度にするだけでなく

レジオネラ菌対策としても用いられる。

加温によって、二酸化炭素、硫化水素、

ラドンなどのガス成分は揮発する。

よって加温による泉質変化は

泉質によってはあり得る。

c4800f52b955f45d35e61afef5bd5cb1_t_jpeg

次回は・・・「泉質」について語りまぁすヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

お楽しみにっ!!!

温泉同好会会長:小池