湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『湯の扱いⅠ』 | 株式会社テクノ・ファースト

湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『湯の扱いⅠ』

どぉ~もぉ~三度の飯より温泉が好き(*ノωノ)☆

技術部 小池です!!

今回は「湯の扱いⅠ」についてお話します。

※初めましての方は「温泉とは」から見て頂けると幸いです☆

start-aka

『源泉かけ流し』

657197460e8553678aabcf0763c2ff86_t_jpeg

温泉ファンなら誰もが憧れる源泉かけ流し。

湧き出した温泉をそのまま湯船に流し込み

溢れた湯はすべて捨ててしまう事。

そのため源泉そのままに浸かることができる。

ただし、湯船に注がれる量が少ないと

不衛生となるため

湯量に見合った湯船の大きさでないとNO

『循環』

rotate-arrow_5_28208-300x300

湯船の湯を循環装置でろ過、殺菌し

繰り返し使用する。

温泉資源の枯渇化を防ぐ目的の他

湯量は少ないが大きな大浴場や露天風呂を

作りたいときに使われる。

c4800f52b955f45d35e61afef5bd5cb1_t_jpeg

次回は・・・「湯の扱いⅡ」について語りまぁすヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

お楽しみにっ!!!

温泉同好会会長:小池