湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『泉質Ⅲ』 | 株式会社テクノ・ファースト

湯探歩~群馬の温泉発掘の旅~『泉質Ⅲ』

毎年発表される

“都道府県の魅力度ランキング”

群馬は栃木・茨城とともに

最下位レースを争っています。

群馬はそんなに魅力がない県でしょうか。

私はそうは思いません!

群馬には素晴らしい

温泉と自然が沢山あります(●`з´●)!

photo

https://yahoo.jp/UlgE9Dより引用)

今回は「泉質Ⅲ」についてお話します。

※初めましての方は「温泉とは」から見て頂けると幸いです☆

start-aka

『硫黄泉』

ku

https://yahoo.jp/JnUqvlより引用)

硫化水素臭のする、THE温泉。

血行を促進し老廃物の排出に効果がある。

私は硫黄泉に入ると必ず潜って

頭皮に浸透させます(笑)。

★草津温泉、万座温泉、高原千葉村温泉

『酸性泉』

E680A7E8B3AAE3818FE38293E5A4A7E99B86E59088

https://yahoo.jp/GFG82Mより引用)

強い殺菌力を持ち軽い切り傷などは

すぐに治してしまう。

水虫にも効果あり。

塩素消毒を必要としないので

大きな浴槽であることが多い。

★草津温泉、万座温泉

『放射能泉』

livingut_309681

https://yahoo.jp/2JlH7Gより引用)

放射能をはっするラドンを有する。

といっても極微量の放射能は人体に

良い影響を与えるという。

鎮静効果があり吸引することで

精神が安定すると言われている。

群馬には無い泉質とされているが

水上の奈女沢温泉がラドンを

微量に含有しているという

(含有量が少ないため認定されず)

c4800f52b955f45d35e61afef5bd5cb1_t_jpeg

次回は・・「群馬の温泉」について語りまぁす

ヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

お楽しみにっ!!!

温泉同好会会長:小池